元気ことば

「心を込める、ということです。

心とは、自分の優しい気持ちですね。

清掃をするものや、

それを使う人を思いやる気持ちです。

心を込めないと本当の意味で、

きれいにできないんですね。

そのものや使う人のためにどこまでできるかを、

常に考えて清掃しています。

心を込めればいろんなことも思いつくし、

自分の気持ちのやすらぎができると、

人にも幸せを与えられると思うのね」

(新津春子/清掃人)

 

「おすすめ」

image013

「ラクして時短の「そうじワザ76」

新津春子/著(小学館)

小中学生向けなので、タオル1本洗剤3つだけでも

キレイになる方法からスタート。

毎日をキレイなおうちで過ごすための教科書としてオススメします。

元気ことば

「自分が正しいときには、

怒る必要はまったくない。

自分が間違っているときには、

怒る権利はまったくない。」

(ガンディー/インド独立の父)

 

「おすすめ」

image015

「ガンディー 強く生きる言葉」

佐藤けんいち/著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

「君よ、君自身であれ!」

スティーブ・ジョブズにも影響を与え

「世界を変えた」偉大なリーダー、

魂を揺さぶる名言。

今まで知らなかったガンディー181の言葉。

元気ことば

「物事は自分のためにやると失敗する。

人のためを優先して、自分のためを後回しにすること。

これは仕事でも事業でも同じです。

いずれも人のためを優先しないと成り立たないし、

成功も長く続かないのです。

バカをいうな、きれいごとを言うな。

そういうかもしれません。でも、そうではないのです。

たとえば商売において、自分の欲しいものだけをつくっていて、

お客さんが買ってくれるでしょうか。

自分の欲しいものだけを売っていて、

お店の売り上げが上がるでしょうか。

答えはノーです。

自分ではなくて、人の欲しいものをつくったり、 売ったりしなくては、

商売は成り立ちません。

自分よりも人を優先しないと成功しない。

それが商売の基本であり、仕事の妙味であるだけでなく、

人生全般にもいえることです。」

(竹田和平/実業家)

 

(おすすめ)image017

「竹田和平さんが命をかけて教えた 魂に火をつける5つの物語」

山本時嗣/著(光文社)

「日本一の大投資家」として知られた竹田和平さん。

その一番弟子である著者が、

師匠から教わった「人生に花を咲かせる奥義」を、

「まごころ」を込めて世に送ります。

元気ことば

「あなた自身ほど、

しばしばあなたを

裏切ってきた者はいるか」

(ベンジャミン・フランクリン/政治家)

 

「おすすめ」

image013

「超訳 ベンジャミン・フランクリン」

青木仁志/著(アチーブメント出版)

「Time is money(時は金なり)」をはじめとする格言は

現代でも色褪せることなく、

さまざまな気づきを与えてくれます。

元気ことば

「ほほえむことを忘れた人たちに、

ほほえみを惜しまずに与えましょう。

「あなたは1人ぼっちでない」

というメッセージを発信し続けましょう。

ほほえみには、マジックのような力があります。

与えられた人を豊かにしながら、

与える人は何も失わない

― それがほほえみなのです」

(渡辺和子/教育者)

 

「おすすめ」

image027

「どんな時でも人は笑顔になれる」

渡辺和子/著(PHP研究所)

時間の使い方は、いのちの使い方。

たった一度の人生をどう生きるか?

生涯を教育に捧げ、89歳で帰天した著者が、

最後に遺した書。

元気ことば

「幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。

言葉は選んで使いなさい。

言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもなるのです。」

(ジョセフ・マーフィー/著述家)

 

「おすすめ」

image013

「マーフィ100の成功法則」

大島淳一/著(三笠書房)

誰もが知りたい答えがここにある!

潜在意識の力を現実に生かす方法を知り、

成功者の“フィーリング”を自分のものにすれば、

お金、成功、健康、理想の結婚相手など、

あなたの手にできないものは何もない!

 

元気ことば

「機先を制するというが、

機先に遅れる後の先というものがある。

相撲取りを見てもただちにわかる。」

(勝海舟/武士・政治家)

 

「おすすめ」

image013

「活学新書 勝海舟修養訓」

石川真理子/著(致知出版社)

自省自修の努力をせよ、無心になれ、逆風を楽しめ、

決然と事に当たれ、 現世での評価にこだわるな――。

幕末の英傑勝海舟が説いた人間を磨く50訓。

元気ことば

「キュウリを植えれば

キュウリと別のものが収穫できると思うな。

人は自分の植えたものを

収穫するのである。」

(二宮尊徳:農政家)

 

がんばった分だけ、努力が報われるといいですね!

 

「おすすめ」

image019

「教養として知っておきたい二宮尊徳」

松沢成文/著 (PHP研究所)

二宮尊徳は、幕末期に、一農民の出身でありながら、

600を上回る荒れ果てた農村や諸藩の再建に見事に成功した人物である。

彼の生涯とその「不滅の成功哲学」をわかりやすく紹介する。

元気ことば

「『悩みから救われるには

どうしたらいいでしょう』という

質問をよく受けます。

救われる、救われないは、

自分の心の問題です。

とらわれない心になれば救われます。」

(瀬戸内寂聴:小説家)

 

(おすすめ)

image013

「はい、さようなら。」

瀬戸内寂聴/著 (光文社)

「涙も老いも、ここに捨てて帰りましょう」

京都寂庵で人々を笑顔にしてきた法話には「いきかたの極意」がつまっています。

全国から悩める人々が集う日曜説法10年分を1冊に!

元気ことば

「99%の力を出しているときはしんどいが、

110%、120%の力を出そうした時、

その人の根こそぎの力が出てくる。」

(津曲孝:製菓技術者)

 

「おすすめ」

image015

「十万人が愛した言葉」

藤尾秀昭/監修 (致知出版社)

昭和53年創刊の雑誌「致知」」から、

多くの人の心を鼓舞した言葉120を 選り抜いた金言集が誕生しました。