元気ことば

「99%の力を出しているときはしんどいが、

110%、120%の力を出そうした時、

その人の根こそぎの力が出てくる。」

(津曲孝:製菓技術者)

 

「おすすめ」

image015

「十万人が愛した言葉」

藤尾秀昭/監修 (致知出版社)

昭和53年創刊の雑誌「致知」」から、

多くの人の心を鼓舞した言葉120を 選り抜いた金言集が誕生しました。

元気ことば

「日本代表でのルールはシンプルで、

「時間厳守」「5分前行動」でした。

強いチームをつくるときには、

こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。」

(エディー・ジョーンズ:ラグビー指導者)

image015

「ハードワーク」

エディー・ジョーンズ/著 (講談社)

元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズが、

チームを勝利に導くための方法論を自らの言葉で語った。

これを読めば、エディー流「成功するための心構え」が必ず身につく!

 

「おすすめ」

元気ことば

「Nerves are natural, it means you’re ready

to face a challenge and perform.」

訳:緊張するのは自然なことだ。緊張は挑戦に向き合い

やり遂げる準備ができたという意味なんだ。

(ダン・カーター:ラグビー選手)

 

「おすすめ」

image015

「ダン・カーター自伝」

ダン・カーター/著 (東洋館出版社)

ダン・カーターのラグビー人生は波乱に満ちている。

だからこそ、面白い。そして、その人生を追っていけば、

日本のラグビー界をさらに強くするヒントが見つかるかもしれない。

元気ことば

「君は僕のできないことを

してください。

僕は君のできないことを

してあげますから。」

(永六輔:放送作家)

 

「おすすめ」

image021

「大遺言」

永拓実/著 (小学館)

永六輔って何者?

言葉の天才の孫が辿る!

祖父・永六輔は、僕に何も残さず逝ってしまった。

祖父の著書や手帳、ノートを読み漁り、ゆかりの人を訪ね歩いた。

すると、時代が移り変わっても全く色褪せない

「祖父の教え」が、 続々と見つかった。

元気ことば

「いま良いことをしても、その結果は今日すぐに来るかもしれないし、

三代くらい後かもしれない。でも、それは早いか遅いかの違いで、

いました行いの結果が必ずあらわれると思うと、前向きになれる。

いま良いことをしていけば、未来は変わっていくかもしれない。」

(酒井雄哉:僧侶)

「おすすめ」

image023

「ムダなことなどひとつもない」

酒井雄哉/著 (PHP研究所)

うまくいかないとき、むなしいとき、

生きる希望がわいてくる。

二度の千日回峯行を満行。

稀代の行者が語る「人生の知恵」。

 

 

 

元気ことば

出る杭は打たれるが、

出過ぎた杭は誰も打てない。

出ない杭、出ようとしない杭は、

居心地はよいが、そのうちに腐る。」

(堀場雅夫:実業家)

 

「おすすめ」

image015

「もっとわがままになれ!」

堀場雅夫/著 (ダイヤモンド社)

あなたのわがままが、社会を変える活力の源である。

元祖学生ベンチャー、現在分析器のトップメーカー・堀場製作所の

創業者が語る自分らしく、自分の信念を貫いて生きる哲学。

元気ことば

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?

あなたの今の生き方は、

どれくらい生きるつもりの生き方なのか。」

(チェ・ゲバラ:革命家)

 

「おすすめ」

image017

「チェ・ゲバラ」

伊高浩昭/著 (中央公論新社)

今も信奉者を集めるチェ・ゲバラ。

革命に目覚めた南米旅行、キューバでの奮闘、

そしてボリビアに死すまで。

生涯をたどり実像に迫る。

 

元気ことば

「点と点の繋がりは予測できません。

あとで振り返って、点の繋がりに気づくのです。

今やっていることがどこかに繋がると信じてください。

なぜなら、その点がどこかに繋がると信じていれば、

他人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。

それが人生に大きな違いをもたらします。」

(スティーブ・ジョブズ:実業家)

「おすすめ」

image013

「スティーブ・ジョブズ グラフィック伝記」

ケヴィン・リンチ/著 林信行/監修(実業之日本社)

スティーブ・ジョブズの伝記は多数出版されているが、

写真やグラフィックを多用して、

視覚的に彼の功績やビジネスの軌跡を理解できる初めての本。

元気ことば

「なにがしあわせかわからないです。

ほんとうにどんなつらいことでも

それがただしいみちを進む中でのできごとなら

峠の上り下りもみんな

ほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。」

(宮沢賢治:詩人、童話作家)

 

「おすすめ」

image015

「宮沢賢治の元素図鑑」桜井弘/著(化学同人)

幼いころ「石っこ賢さん」とよばれたほど

石に熱中した宮沢賢治が残した作品から、

「元素」に触れた文章を写真とともに紹介しています。

 

 

元気ことば

「下足番を命じられたら、

日本一の下足番になってみろ。

そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」

(小林一三:実業家)

 

「おすすめ」

image009

「逸翁自叙伝」

小林一三/著(講談社)

顧客とは創造するものなり。

電鉄事業に将来性を見た男はいかなる手を打ったのか。

沿線の土地買収、郊外宅地の開発と分譲、少女歌劇…。

誰も考えつかなかった生活様式を生み出した彼も、

若き日は仕事はしても評価はされず、

放蕩に明け暮れる問題銀行員と目されていた。

大正・昭和を代表する希代のアイデア経営者による自伝の傑作。