バース店長ブログ

通勤に末広大橋を利用しています。

橋の頂上に差し掛かると、

新町川の河口とその上を走る南部自動車道が見え、

天気のいい日は朝日がまばゆく

晴れ晴れとした気持ちになります。

 

緑の眉山とラジオ塔を望む市内の景色も

朝日の中では新鮮。

 

日々元気をくれる見慣れた景色の中で、

新年を迎えられることに感謝します。

 

今年もよろしくお願いします。

バース店長ブログ

ある日の愛犬。

きっと後でゆっくりと 食べたかったのでしょう。

大好きなおやつをくわえて、

鳴きながらいろんな部屋を 行ったり来たり。

中々おやつを隠す場所が 見つからないみたい。

 

最後は私の部屋にやって来て、 一生懸命隠していました。

その間、 私は頑張って狸寝入り。

いつもだと、 私が仕事にいく準備をすると、

愛犬は自分のベッドに トコトコ歩いて行きます。

しかし、 この日は何故か 私のベッドの上から動こうとしません。

私『ほら!仕事行くから出て出て。』

愛犬『私の事はいいから、気にしないで。お仕事行ってきて良いよ。』

みたいな感じでした。

おやつが バレてないと思ってる愛犬。

ほんとかわいい。

バース店長ブログ

我が家の愛犬は、

人をよく見てるなぁと思います。

 

私が、仕事に行く服と髪型は、いつも大体同じです。

私が、朝、動き出すと、

リビングの方から、 じーっと私の様子を伺っています。

 

今日は仕事に行くのか、はたまたお休みなのか…

仕事着に着替えている私を見ると、

自分のベットの上で大人しく丸まります。

 

普段着に着替えると、

「今日はお休みですね! お散歩に行きましょう!」

と言わんばかりに、 後ろをくっついてきます。

いや、 本当に可愛いですね。

バース店長ブログ

ショッピングセンター内のお店には

窓も無く日もささず、

お客様の佇まいから外の様子を察して

お声かけすることもしばしばです。

 

酷暑の夏をお店で涼しく過ごした筈ですが、

立て込むと汗をかきかき右往左往していて、

何処にいても暑いものは暑いのだと思った次第。

食品売り場の【秋の味覚】のポスターがしっくりくるのは

もう少し先になりそうです。

バース店長ブログ

毎日が本当に暑いですね…

我が家の愛犬も、日々涼しい場所を求めて過ごしています。

ある日は、 廊下で寝そべっていたり。

またある日は、人と扇風機の間を陣どって、

だら〜んと寝そべっていたり。

 

そんな愛犬を見かねて、

ヒヤヒヤベットを買ってみました。

初めは嬉しそうに寝転んでいましたが…

今では、からだの半分ベットで、

半分床というスタイルに落ち着いています。

 

やっぱり暑いよね…

バース店長ブログ

長く音楽活動を続けている友人が、

代表作をCD化したそうで、

先日送ってくれました。

 

ホールコンサートとも、

ネット動画とも違った

弦とピアノの音色の暖かさが、

まるでライブ演奏の様で、

朝に夕に楽しんでいます。

 

日帰りが難しい遠くの友人と、

音楽でつながれる毎日の豊かさを、

日々実感しています。

バース店長ブログ

我が家の愛犬は、

どうしても覚えられない言葉があります…

それは 「よし!」です。

 

「お手」「おかわり」「お座り」「伏せ」

「ハイタッチ」「待て」 は、もう完璧です!

 

まさかの、 「お手」と言った瞬間に、

言われる前に 一通り自分でやってしまいます(笑)

 

しかし、 どうしても「よし」だけが覚えられないのです。

言葉を変えて、 「どうぞ!」「はい!」

「食べていいよ!」などなど

声をかけるのですが、

ずっ~と「待て」をしています。

我慢強い子だ。

バース店長ブログ

今年は天気にも恵まれて、

休日は自宅の近辺をそぞろ歩いては

春のお花を楽しみました。

 

公園の蜂須賀桜、染井吉野も

運良く満開のタイミング。

県外の知人に写真を送ったら、

すかさずご当地桜の返信が。

 

リアルでも、ネットでも桜は麗し。

令和4年のお花見はこんな風でした。

バース店長ブログ

我が家の愛犬は、 ちゃんと言葉にして伝えないと怒ります。

先日、兄と買い物に出かけました。

買い物が終わり家に帰ると、

母から『あんた行ってきますって愛犬に言わなかっただろ』と一言。

言わなかったっけ?と思い、話を聞くと、

兄が出かける準備をしてるのに気を取られて、

私も出かけたことに気づいていなかったみたいです。

それで、 私がいないことに後から気づき、

玄関の方をじっっっと見ていたそう。

数分後、 私も出かけたのだと悟った愛犬は、

めずらしく遠吠えをあげ続けたとか。

確かに、 帰ってきたときのおかえりの挨拶が

いつもより強かったような…

ごめんね。