バース店長ブログ

夜がだんだんと寒くなってきましたね。

我が家の愛犬も寒いのか、

寝るときは布団の中に

入ってくるようになりました。

湯タンポのようにポカポカして

とても暖かいです。

 

少し困ることは、

音がする度に走っていくことです。

気がすむと帰ってきて

布団の中に入れてと催促してきます。

4~5回は繰り返されます…

 

ゆっくり寝させてと日々思います。

バース店長ブログ

image013

バースブック珈琲国府店の中庭のレモンの木が、

2年越しに実を付けました。

青みかんや、すだち、ライムを連想させる

青緑のグリーンレモンです。

柑橘ならではの青。

梅雨時の雨にしっとり濡れて、夏を待っています。

バース店長ブログ

夜もだいぶ寒くなりましたね。
最近は愛犬も寒いのか、
布団の中に入ってくるようになりました。
不思議なことに 最初は端で寝ている愛犬が、
朝起きると何故か私が端で寝ていて、 愛犬が真ん中で寝ています。
しかも枕にちゃんと頭をのっけて !
ほんと毎朝笑っちゃうくらい かわいいなーと感じています。

バース店長ブログ

今年は梅雨明けも長引いて、夏の暑さもそこまでと、

淡く期待をしていましたが、

オーブンフル稼動の8月はやっぱり暑かった。

 

タイ国から帰った知人より、

バンコクの方が過ごしやすかったと聞き、

驚くと同時に、半分諦めの境地に。

 

日本の暑さはこれが普通、気にしない、

秋風を待ちつつ・・・

バース店長ブログ

6月の週明けの某日、2日間に渡って

鳴門市から総勢40名のお客様にお越し頂きました。

午後のひととき、お茶と手作りのケーキでお過ごし頂きましたが、

何時もと違った楽しい時間をバースからご提供出来たのなら、

嬉しく思います。

 

忙しい日々の中でも、一杯のお茶を味わう心のゆとりを持ちたいものです。

K様、ご遠方ありがとうございました!

 

バース店長ブログ

仕事終わりに家に帰った後は、

愛犬とボールで遊ぶのが習慣になりました。

 

ある日家に帰ると、

愛犬からの出迎えがありませんでした。

いつもなら尻尾を振って、

飛びついてくるのに。

 

何事だとリビングに向かうと、

ボールを置いてある棚の前で座って待機していました 。

ただいまと言っても、

顔だけこちらを向けて

ボールをじっと見つめるばかり。

 

そんなにも

ボールが好きなのか。

 

飽きずに

ひたすらボールを追いかける姿に笑っちゃいます。

バース店長ブログ

近所の和菓子屋の焼菓子が口に合うことが判って、

お茶のお供に和菓子を頂くことが増えました。

 

塩漬けの葉の香りが一味美味しい「桜餅」や、

よもぎのほろ苦さが春を感じさせる「草餅」、

もっちりした歯応えが楽しい「ういろう」、

阿波名物の和田の屋さんの「滝の焼き餅」も

久々に頂いて、優しいお味を思い出しました。

バース店長ブログ

ある日の日常。

父は出かける時には、愛犬におやつの棒を与えていきます。

いつもは見送りに来るのに 来ないなと思っていると、

リビングから クィ~ン クィ~ンと鳴き声が。

 

様子を見に行ってみると、 おやつの棒をくわえて、

あっちこっち走り回っていました。

 

何事と思い聞いてみると、

おやつの良い隠し場所が見つからないんだとか(笑)

見送りに行きたいけど、 おやつが隠せないで慌ててる。

ほんとかわいいですよね。

バース店長ブログ

image006

厳しかった夏の暑さや、

台風の大雨、大風が遠い事の様に、

気持ちの良い秋晴れが続いています。

国府店のテラス席にも、風が通る様になり、

一年で一番過ごしやすい季節を迎えています。

 

週末には、お父さんとお母さんに連れられた

小さな子供たちが、食事をしながら

中庭を走りまわったり、地面にチョークで落書きしたり。

無邪気に楽しんでくれている様子に、

バースのメンバーも束の間、癒されています。

 

バース店長ブログ

新しい始まりを予感させる瞬間が好きです。

映画館の暗闇の座席から見る予告編。

搭乗前の喧騒と高揚感に満ちた空港の出発ロビー。

演奏前、オーケストラの各パートにチューニングを促すオーボエの音色。

 

地上の熱が引くのはもうしばらく先ですが、

朝夕は秋の気配を感じる様になりました。

暑さから解放されたら、

(バースのオーブン達がフルに働くと1000度近くあります!)

新しい季節をどう楽しもうかと思案中です。

 

お客様には一足早く秋の気分を楽しんで頂こうと、

9月には恒例のモンブラン、

10月にはハロウィンのパンケーキを準備中です。

寛ぎにお越し下さい。

 

厳しかった夏の疲れが出る頃です。

くれぐれもご自愛下さい。