店長ブログ

image009

3/31、4/1の2日間、アスティとくしまで

「キッズタウンとくしま」が開催されました。

小学4、5、6年生が対象で、

仮想の街の市民となって、職業を体験して、

受け取った給料(仮想通貨)で、

お菓子やおもちゃなどを買うことができるイベントです。

 

附家も書店での職業体験ができるブースで参加しました。

みなさんには本のPOPを作成してもらったのですが、

そのクオリティーの高さにビックリ!

すごく熱量を感じる、本への愛情がたっぷりな仕上がりでした。

 

このイベントで作成してくれたPOPを附家国府店に掲示しています。

ぜひ、見に来てみて下さい!

「おすすめ」

image011

「新 13歳のハローワーク」

村上龍/著 はまのゆか/絵(幻冬舎)

「国語が好き」「社会が好き」「理科が好き」「体育が好き」…。

好きな教科の扉を開けると、胸がときめく職業図鑑が広がる。

127万部突破のベストセラーを大幅に改訂。

89の職業を追加、112ページ増量。

 

つきや店長ブログ

3月25日(日)に開催された

とくしまマラソンに参加しました。

今回で10回目のフルマラソン完走で、

自己ベストを更新でき、

目標だった4時間を切ることができました!

 

12月の中頃から、仕事前にランニングして、

練習してきた成果が出て、うれしかったです。

 

でも、目標達成できた要因は練習だけではありません。

 

それは、レース途中で、4時間のペースランナーさんと、

そのまわりで同じ目標をもって走るランナーたちと出会えたことです。

みんなで声を掛け合ったり、気合を入れあったり、

後半の苦しくなる場面で心強く走ることができました。

改めて仲間や目標、応援の大切さを実感しました。

 

「おすすめ」

image011

「シティ・マラソンズ」

三浦しおん・あさのあつこ・近藤史恵/著(文藝春秋)

人気作家がアスリートのその後を描く、三つの都市を走る物語。

ニューヨークで、東京で、パリで。

走ることによって自分の過去と向き合う主人公たち。

 

店長ブログ

先日、たまたま高校の時の担任の先生にお会いしました。

約8年ぶりです。

ご挨拶してお話していると、

「今は定年退職して、釣り三昧よ!」と

満面の笑みでした。

 

そういえば、思い出すのは、高校2年生の遠足で、

バス移動しているとき、となりに座っていた先生が、

瀬戸内海に浮かぶ小島を眺めながら、

「ゆくゆくは、ああいう島でのんびり釣りしたいなぁ」と

言っていたこと。

 

真っ黒に日焼けして元気に笑っている先生に、

こちらも、いっぱい笑顔になりました。

image007

「今日のちょーか!(1)」

戎島 実里/著(KADOKAWA

釣りが大好きな小学生・潮香(ちょうか)。

テグスと針だけの釣りや、割り箸と糸での釣り、
ペットボトルでも魚を捕ります。
限られた時間と道具で気軽にできる釣りをご紹介!

 

店長ブログ

父が趣味でやっている家庭菜園の広さが、

始めたころの3倍になりました。

どんどん本格的になっています。

 

先日は、採れたてのホウレン草を、おひたしにして食べました。

他にも、家族で鍋をしたときは、

母が「この春菊、父さんがつくったんよ。」と言うと、

父が「春菊は煮すぎたら美味しくない、さっとでいい!」

など食べ方も教えてくれます。

 

どんどん新しい種類の栽培にチャレンジしているようで、

最近では野菜が食卓に並ぶと、

「これ、父さんが作ったん?」と聞くのが

家族の会話の定番になっています。

 

 

「おすすめ」

image019

「きゅうり食べるだけダイエット」

野崎洋光/著(KADOKAWA)

1食1〜2本食べるだけでやせる体に!

きゅうりの酵素ホスホリパーゼが脂肪を分解する、

きゅうりから始まるダイエット。

店長ブログ

3月25日(日)に開催される

とくしまマラソン2018にエントリーしました。

今回で10回目のフルマラソン挑戦です。

節目となる大会なので、しっかり準備して

臨もうと練習に励んでいます。

 

先日、ランニングしていると、道路が工事中で、

交通誘導の警備員さんが無線で、

「ランナー通ります」と言って、丁寧なお辞儀をしてくれました。

ランナーという言葉が、なんだか妙に照れくさく、

親切な対応がうれしく、

寒さ、疲労感も吹き飛びました。

 

走り終わると、いつもよりいいタイムでした。

体力だけでなく、心のあたたかさも、

パワーになることを改めて感じました。

 

「おすすめ」

image017

「BORN TO RUN」(NHK出版)

クリストファー・マクドゥーガル/著

この冒険は、ランナー誰もが抱くひとつの疑問から始まった──

なぜ僕の脚は走ると痛むのか?

人類は、走るために生きている──いや、生きるために走っている!

店長ブログ

11月のはじめの連休に、

大学のマンドリンサークルで、

同じベースパートだった同期と集まりました。

みんな徳島から離れているので、神戸で集合。

手土産に徳島の名産品「大野海苔」(味付のり)を持って出発です。

 

到着後、待ち合わせまで、まだ時間があるので、

ミント神戸でお店でも見ようとエスカレーターに乗り、

「はっ!」としました。

お土産をバスの荷物棚に忘れたのです。

急いで、バス停に戻りましたが、もうバスは…

 

スマホでバス会社さんを調べて連絡すると、

神戸の営業所まで届けていただけることになりました。

 

スマホの便利さとバス会社さんに感謝し、

無事、お土産を渡すことができました。

後日、同期から「海苔美味しかったよ。子どもたちも大喜び!」の

メールが届いてうれしくなりました。

 

 

「おすすめ」

image015

「うれしいおくりもの」

杉浦さやか/著(池田書店)

何をおくる?どうおくる?

シーン別におすすめのプレゼントを多数紹介。

おくるときのエピソードやラッピングの方法など、

アイデア満載! 見ているだけでも楽しめます。

店長ブログ

10月下旬に、そごう徳島店で開催されていた、

「北海道の物産と観光展」に家族で出掛けました。

お目当ては、父の大好きな「毛ガニ」。

 

会場はたくさんの人でお祭りのように賑わっており、

元気のいい声、いいにおい、目にも楽しい盛りつけで、

どれも美味しそうでした。

 

でも、まずは、毛ガニを売っているお店に直行。

店員さんとカニ話をしたり、試食したりしつつ、

一番大きなカニに狙いを定め、値段交渉。

なんと2割もまけてくれ、おまけに小さめのカニももらえました!

うれしくなって、一緒に「ホッケ」や「ニシン」の干物も購入。

こういうコミュニケーションも買い物の醍醐味だと実感しました。

味も本当においしくて、大満足の一日でした。

 

「おすすめ」

image007

「全国お取り寄せ&てみやげBOOK」(ぴあ)

達人たちによるお取り寄せセレクション。

全部取り寄せできます。

お家で楽しむ、日本のおいしいもの。

店長ブログ

小学4年の男の子がいるお家に遊びに行きました。

「水だんごキット」を使って、

みんなで自由研究をしょう!というお誘いです。

 

粉とぬるま湯を、ペットボトルに入れて混ぜるのですが、

男の子が、家中を走り回ってペットボトルを振リ混ぜるパワーに

元気と笑顔をもいらいました。

説明書にある「ぬるま湯」でなく、「水」でやってみようなど、

大人も好奇心旺盛です。

 

透明のものだけでなく、色をつけた水だんご、

小さいもの、大きいの、ヘビのようにながいもの、

たくさんの作品ができました。

 

説明書に載っているような整ったものではなかったですが、

男の子のこだわりのつまった特大の何とも言えない色のだんごが、

一番カッコよかったです。

 

「おすすめ」

image008

「カラフル水だんご」

学研プラス(学研プラス)

 

混ぜればすぐに、ぷるぷるに固まる「水だんご」が作れる実験キット。

透明やカラフル、虹色にも作れる色の粉と、

丸くて大きな水だんごが簡単に作れる不思議カップつき。

店長ブログ

image007

父母の家庭菜園が2年目を迎えました。

キュウリやトマト、ナスなどが、元気に育っているようで、

休日に父に誘われて水やりを手伝いに行きました。

 

まだ青くて小さいものが多かったですが、

きちんと野菜の形になっています。

 

ネットにくるくる糸のようなものが、いっぱい巻き付いていて

よく見ると枯れたキュウリのつるでした。

観察すると、すごいパワフルにネットに巻きついていて、

植物の生命力に驚きました。

 

今年は初めて枝豆を植えたとのことで、

まだ小さかったのですが、

収穫して、ビールを飲むのが楽しみです!

 

 

「おすすめ」

image009

「いつもとれたて!はじめてのベランダ野菜」

末永和也(学研プラス)

 

庭がなくてあきらめていませんか?

ベランダでもおいしくできる野菜やハーブ、果物のみを紹介。

失敗なく、安心してとれたてを楽しめます!

 

東京出張

5月11日(木)、東京出張の自由時間に、
坂本龍一さんの設置音楽展を開催している
ワタリウム美術館に行ってきました。

この展覧会は、坂本さんの8年ぶりの新作アルバム「async」を、
「良質な環境で音楽に向き合ってもらえたら」ということで、
特別にミックスされた5.1chサラウンドを、最良のスピーカーと、
映像のコラボレートで体感できるものでした。

街中や自然の中の音、ノイズもたくさん用いられて、
テンポのズレなども、独特な音空間でしたが、
とても心地よい体験でした。

会場を出ても、初夏の暑い東京のにぎわいが、
楽しく感じられました。

「おすすめ」
image007
「美術手帖 2017年5月号」
美術手帖編集部(美術出版社)
坂本龍一さん特集号。
ワタリウム美術館での個展にあわせた最新インタビュー、
音楽家とアーティストの境界を行き来する活動の秘密に迫る。