つきや店長ブログ

9月15日(日)から4泊6日で、

ロサンゼルスに行ってきました。

 

楽しみにしていたのは、

憧れのサンタモニカ・ビーチでの

サーフィンレッスン!

 

海に入ったすぐは、聞いていたとおり

水温が少し冷たく感じましたが、

すぐに慣れました。

 

大きく力強い波に、

2回ほど溺れかけ、2回ほど足をつりそうになりましたが、

先生の親切なアシストで、

たくさんの波に乗ることができました。

 

レッスン後に先生が「GOOD SESSION!」と言って、

一緒にハイタッチをしたことは

最高の思い出です。

 

「おすすめ」

image013

「地球の歩き方 ロスアンゼルス」

地球の歩き方編集室/編 (ダイヤモンド社)

ビーチ遊びや爽快ドライブ、買い物に食べ歩き、

MLBドジャース&エンゼルス観戦など、LAを完全ガイド。

海外旅行の心強い味方です。

つきや店長ブログ

8/18(日)、天気は快晴、音楽フェスティバル、

「サマーソニック大阪2019」に参戦してきました!

今回のお目当てはイギリスのシンガー、RITA  ORA。

 

野外のアリーナ席で、曲ごとに手を振ったり、ジャンプをしたり。

あっという間の約40分でした。

最高気温35度の猛暑でしたが、

アーティスト、オーディエンスらの熱気や歓声、

身体の中にまで響く音楽に、暑さも吹き飛んだ一日でした!

 

「おすすめ」

image019

「完全焚火マニュアル」

Fielder編集部/編 (笠倉出版社)

アウトドア雑誌「Fielder」にこれまで掲載してきた焚火特集が一堂に集結。

これ1冊で火熾しから焚火の実用、焚火を利用した野営システムまで、

人間の根源的スキルがすべて習得できる。

つきや店長ブログ

食前に「きゅうり」を食べるだけで

ダイエット効果があると、

テレビで紹介されていたのを見て

実践し始めて1年以上経ちました。

朝食時に、1本そのままかじって食べています。

 

夏になると、買ってきたものではなく、

父が家庭菜園で育てた、きゅうりが出てきます。

たまに、育て過ぎた太くて大きな、

まるで腕のような「きゅうり」があります。

さすがに、これは半分に切って、

「きゅうりっていうより、これは、うりやな。」

と笑いながら食べています。

これが健康の秘訣だと思います!

 

「おすすめ」

image021

「笑医力」

高橋和江/著 (徳間書店)

病気予防の一番の秘訣は、ストレスをためずに毎日笑って暮らすこと。

これこそが、最も免疫力を上げる方法なのだ。

究極の「笑顔健康法」をご紹介!

つきや店長ブログ

6月半ば、早めの夏休みにニューヨークへ行って来ました!

お目当ては、メトロポリタン美術館、MOMAをはじめとした美術館巡りです。

数々の名画ももちろん素晴らしかったのですが、

中でも宝飾品で有名なティファニー社製作のステンドグラスにとても感動しました!

まるで水彩画のような、ガラスのグラデーションがキレイなのです。

そしてニューヨーク在住のガイドさんが、

「メトロポリタンは行くたびに発見があるんです」と言っていたのも納得のスケール感でした!

 

数々の名店名所の尽きないニューヨークですが、

1日だけ美しい夕焼けに出会うことができました。

まっっすぐなストーリートの先、

超高層ビル群の間から見えた金色の夕焼けに、

癒された旅でもありました!

 

「おすすめ」

image013

「地球の歩き方 ニューヨーク」

地球の歩き方編集室/編 (ダイヤモンド社)

巻頭特集は、2019年3月にオープンしたばかりの「ハドソンヤーズ」と、

ブルックリンの人気エリア「ダンボ」。

エリアガイド章では、ブルックリンのおさんぽマップがさらに使いやすくなりました。

トレンドを反映したダイニングや、今年入れ替わりの激しかったショップもアップデート完了!

 

 

つきや店長ブログ

先日大阪で開催された文具女子博に行って来ました!

気に入った文具をその場で買える、というイベントです。

朝一で行ったのですが、もうすでに会場前には長蛇の列。

幸いにもそんなに待たずに会場入り。

 

会場の中は文具女子のための文具祭り状態!

ここでしか買えない限定ノートや、

キラキラかわいすぎるマスキングテープやシールたち、

時間を忘れて魅入ってしまいました。

改めて文房具っていいなぁ~と思った、イベントでした!

 

「おすすめ」

image011

「かわいい女子文具図鑑2019」

choudo/著(実務教育出版)

個性際立つ文具の特長を、 美しくスタイリングされた写真と

ポイント解説でわかりやすく紹介。

また文具好きならではの 新しい使い方を提案することで、

今までにない、「女子のための文具本」 が 生まれました。

つきや店長ブログ

3月17日(日)に開催された

「とくしまマラソン2019」に参加しました。

スタート時はどんより曇っていて、

少し肌寒いくらいの天候でした。

 

折返しを過ぎて、

「ここからは、追い風になるかなあ」

なんて考えながら走っていると、

急に嵐のような雨風になって、

冷たい粒まで降ってきました。

自然の中で楽しむスポーツの醍醐味です!

 

そんな悪天候の中、沿道で応援してくださる皆さんには、

本当に元気をもらいました。

37キロ付近で

「あと5キロ!いつも練習で走ってる5キロよ!」との応援に、

心も体も軽くなりました。

おかげさまで無事、11回目のフルマラソンも

ベストとはいきませんが、4時間16分で完走できました!

 

「おすすめ」

image013

「金栗四三の生涯走れるランニング術」

本條強/著(日本経済新聞出版社)

いまある練習法、そしてメンタル面の向上策も、

あらゆるものが金栗氏にルーツを見るものである。

本書では、金栗の人生をなぞりながら、

そのランニング技術が確立した背景を追い、

あらためて、なぜそれが今でも有効なのか、わかるものとなっている。

つきや店長ブログ

先日、大阪にある「大阪くらしの今昔館」という博物館に行って来ました。

江戸時代後期の大阪の街並みを実物大で復元していて、

それを目当てに行ってみました。

 

展示室に入ると目の前には大阪の街の目抜き通り。

左右のお店や、民家には大勢の着物を着た外国の人たち!

係員のおじさんによると、「最近は外国人さんばっかりよ~」とのこと。

着物着付サービスがとても人気があるそうです。

 

別の展示室では昭和の電化製品が展示されていました。

祖母が使っていた電気湯たんぽや黒電話、2層式洗濯機を発見。

とても楽しく、懐かしいような気持ちになれた博物館でした!

 

「おすすめ」

image007

「江戸暮らしの内側」

森田健司/著(中央公論新社)

少ない物的資源を有効に使い、無駄なく再利用していたこと。

狭くプライバシーも制限された住居に暮らしつつも、

近隣の人々とうまく付き合い、和やかな人間関係を築いていたこと。

こうした江戸庶民の生の「内側」を本書は幅広く紹介していきます。

その生き方は21世紀に暮らす私たちにとって、生きた知恵の宝庫です。

 

つきや店長ブログ

1月21日(月)夕方6時ごろ、

吉野川の堤防を走っていると

東の空に、黄色の大きな半円がありました。

見ていると、かかっていた雲が風に流れて、

丸い大きな月だとわかりました。

 

あとから知ったのですが、

その日は、今年初の満月で、

月と地球の距離が近くなっていたので、

いつもより大きく見えるスーパームーンだったそうです。

 

大きくて、明るくて、月の模様もきれいに見え、

月のパワーをもらえた気がして、

「ツイてる!」とうれしくなりました。

 

ちなみに、2月20日(水)が今年一番大きな

スーパームーンになるそうです!

 

(おすすめ)

image007

「おつきさまこんばんは」

林明子/著(福音館書店)

まるで話かけてくるようなお月さまのやさしい表情に

子どもたちも思わずにっこり。

0歳から楽しめます。

 

つきや店長ブログ

12月15日(土)につきや松茂店で、

鳴門市在住の絵本作家くすのきしげのり先生の

おはなし会を行いました。

読んで頂いたのは、

『ふくびき』

『交響曲「第九」喜びよ未来へ!板東俘虜収容所 奇跡の物語』の2冊。

子どもさんも大人の方も熱心に聞き入っていました。

 

『ふくびき』は幼い姉弟が、

お母さんのためにプレゼントを買うおはなし。

先生の優しい声を聞いていると、

私も小さい頃、すごく悩んで父にも相談して、

母への誕生日プレゼントを買ったなぁ、と思い出しました。

とてもあたたかな気持ちになった、おはなし会でした。

 

 

「おすすめ」

image013

「ふくびき」

くすのきしげのり/著 狩野富貴子/絵(小学館)

おかあちゃんは、なんでもじぶんのことはあとまわし。

そんなおかあちゃんへプレゼントをかいにでかけた、

おねえちゃんとおとうと。

ふたりがおくった、すてきなプレゼントとは…。

人の世にある「ぬくもり」をお届けします。

 

つきや店長ブログ

11月9(金)に大阪のシアター・ドラマシティで開催された音楽会、

「美輪明宏の世界〜愛の大売り出し2018〜」

に行ってきました。

 

「愛」がテーマのシャンソンを中心に、

ユーモアたっぷりなトークもあり、

念願だった「ヨイトマケの唄」など

迫力の歌声で聴くことができました。

 

シャンソンにはあまり馴染みがなかったのですが、

美輪さんが、歌う前に、

一曲一曲を丁寧に紹介してくださるので、

すっと歌の世界に入ることができ、

美輪さんの唯一無二の表現力で、

歌を聴くというより、ドラマを見ているかのような

不思議で感動的な体験でした。

 

 

「おすすめ」

image015

「愛の大売り出し」

美輪明宏/著(PARCO出版)

恋はすべて自分本位、愛は相手本位。

人にも、動物にも、仕事にも、恋ではなく、

愛をもって接すればすべて巧くいきます。

愛はこの世の通行証。

さあ皆さん、気前よく愛をばらまきましょう。

ただし、押し売りはいけませんぞ!