とくしまマラソン

image003

3月に開催される「とくしまマラソン」にエントリーしました。

普段から練習で徳島中央公園を走っています。

 

12月の休日の夕暮れ、いつものように走りに行くと、

LEDアートのイベントをやっていて、

たくさんの人で賑わっていました。

 

広場全体の木々がライトアップされて、

さまざまな色に変化する様子は、とても幻想的。

春は桜の花が満開の木々に、LEDの華が満開!

思わず走る足を止めて、見とれてしまいました。

 

「おすすめ」

image004

「ゼロベースランニング」

高岡尚司(実業之日本社)

多くのランナーが勘違いしているランニングの仕方を、

正しく学ぶことができます!

店長ブログ2016年12月

朝食で、たまご焼きといっしょにサニーレタスが盛り付けてありました。

「ほれ、家で採れたレタスよ」と母。

今年から、父と母が家庭菜園をはじめました。

夏は、きゅうり、トマト、なすびなどを収穫。

きゅうりは豊作で、県外の親戚にも送るほど!

今は、そら豆、えんどう、パセリ、ネギ、たまねぎ、新菊、サニーレタス、

お正月に使うと葉牡丹も育てています。

「次は何を植えよう」と本やテレビで野菜作りを勉強して、

楽しそうに話している父母に元気をもらっています。

「おすすめ」

201612-2

「はじめての野菜のつくり方」

酒川香(西東社)

土づくり、畑づくりなど基礎から丁寧に解説。

約70種類の野菜が季節ごとに分かれていてわかりやすい。

 

店長ブログ2016年11月

動物と触れ合いたい!と

姫路セントラルパークへ出かけました。

森の中を自由に歩きながら、色んな動物と出会える、

ウォーキングサファリでは、えさやり体験をしました。

 

クマは手(?)を挙げたり、V字バランスしたりしてアピールしてくれ、

えさをなげるとナイスキャッチ!

 

ゾウは鼻で器用にエサをつまんで食べたあと、

「ごちそうさん」とばかりに鼻息を「フーッ」!

 

キリンは、同じ目線の高さに立てるテラスから、口元へ手渡し。

長い舌で巻き取って食べるんですが、

えさをはなすタイミングが遅れて、指をベロリ。

 

普段はテレビや写真でしか見られない動物たちに、

間近で接することができて大満足。

 

中でも、池に潜って背中の一部しか見えなかったカバが、

ずっと見ていたら3分くらいして、目と鼻だけぬっと出した数秒を、

うまく写真に撮れたのには興奮しました!

 

 

「おすすめ」

image006

「サファリ」

キャロル・カウフマン他(大日本絵画)

動物たちの動きを本の中に再現した、新感覚しかけえほん。

【附家】店長ブログ

8月の終わりにグアムに行ってきました!
夏休みに一人旅です。

一番楽しみだったのは、
高度4200メートルからのスカイダイビング。
富士山より高い、通称「富士越え」にチャレンジです。

ぐんぐん上昇するセスナの中、
始めのうちはきれいな景色に盛り上がりますが、
だんだん笑顔も引きつって…
6人グループで順番が最後だったので、
扉から一瞬に消えていく人たちを見て、
心臓はバクバク!!

でも、安心なのはインストラクターの方と一緒に飛ぶスタイルなこと。
すべて身を任せて、いざダイブ!
落ちているというより浮いている感じのフリーフォールから、
パラシュートが開いてからの空中散歩。
空、雲、山、海、大地。
本当に美しかったです!

「おすすめ」
image005
「雲の名前、空のふしぎ」
武田康男(PHP研究所)
天気のことわざと美しい空の写真が200点以上。
美しい写真と解説で空のふしぎがわかります!

【附家】店長ブログ

高校一年生の姪っ子が、夏休みを利用して、

うどん屋さんで、週3日ほど、

はじめてのアルバイトをしています。

始めたすぐに「食べに行こや」と言うと

「まだ慣れてないけん、来なくていい」と言われました。

一ヶ月ほど経ったので、

ナイショで仕事帰りに行ってみました。

お店に入ったすぐに気付いたのか、こちらを見て照れたような笑顔。

注文したうどんに、ネギや大根おろしをトッピングしてくれました。

ついこの間まで、手をつないで一緒に阿波踊りを見に行っていた姪っ子。

たくましくなったなぁ、と感動しました。

いつも美味しいうどん屋さんですが、

この一杯は格別でした!

image006

「おすすめ」

「ハローサマー、グッドバイ」

マイクル・コーニイ(河出書房新社)

青春であり、純愛であり、ファンタジーであり。

少年の忘れえぬひと夏を描いた、SF史上屈指の青春恋愛小説。